FC2ブログ


2019年8月17日のきょう、、
 330年前(1689年 ) 芭蕉は 同行者 曾良と、 暑さ真っ盛りの新潟県内を
    村上から親不知方面に 歩いていました。

岩波文庫 芭蕉自筆奥の細道』p108 に こうあります。

おくのほそ道 芭蕉 新潟 北陸道芭蕉
      (芭蕉自筆)            (読み下し)
  
これを見ると、芭蕉は 越後のことを 俳句にも 「おくの細道」にも 書いていません。 
  上記のように 鼠ヶ関から市振までの9日間を わずか 3行です!
  有名な 「荒海や・・・・」の句も ここには書かれていない。 
  雨天が続いたせいも あっただろうが・・・・ 心労や 病気と芭蕉は書いているが・・・ 
 
  でも、芭蕉は きちんと 見るべき所は見て 行くところには行っている。 
  それは 曾良の日記で分かる。
                                                                                        村上・新潟間
新潟・寺泊



同行していた曽良の
    『曽良旅日記』
には・・・・・・・・・・こうあります。

(太陽暦8月16日)
◯ 七月二日 辰の刻(午前7時半過ぎ、胎内市築地を)(たつ)。(塩津潟(=紫雲寺潟)・福島潟を繋ぐ水路を小舟で行く)喜兵方より大庄や七郎兵へ方への状は、愚状に入れ、返す。昼時分より晴、アイ風出(でる)。新潟へ申(さる)の上刻(15時半)着く(いつ)宿(しゆく)と云(いふが)、追い込み宿の外は不借(かりられず)。大工源七母、情有、借(かりる)。(はなはだ)(もて)(な)

新潟ふるまち明暦の新潟町復元想像俯瞰図

  ◯村上藩士斎藤喜兵衛から大庄屋七郎兵衛あての宿泊紹介状を使わなかったので、紹介状を、自分の手紙に入れて送り届けることにした。
  ◯「あいの風」とは、春から夏にかけて、新潟から富山・金沢・福井へと日本海沿岸で吹く、北や北東からの穏やかな風。あい。あゆのかぜ。南方角へ向かう北前船などの舟運には追い風となった。
        images_20190817200422760.png
  ◯新潟湊:七月一日から七日まで、新潟湊祭りで、近隣泊まりがけで宿泊・遊興客多く、旅籠の宿泊が困難な状況に遭遇した。旅篭は古町通二ノ町三ノ町(現古町通四番町五番町)に集中していたが、泊まれなかった。
  ◯大工源七:住所不明、大工職か、屋号が大工の旅籠かも不詳


(太陽暦8月17日)
◯ 三日 快晴。新潟を立。馬高く、無用の由、源七指図にて歩行す。申の下刻(17時ころ)、弥彦着。宿(神社境内の宝光院の説あり)取て明神(弥彦神社)へ参詣

(太陽暦8月18日)
○ 四日 快晴。風、三日同風(今日まで3日間あいの風で快適)弥彦を立。弘智法印(即身仏)像為拝(おがむため)、(猿ヶ馬場峠)より右へ半道斗行。谷の内、森有、堂有、像有。二、三町行きて、最正寺(西生寺)という所を、ノミズと云浜へ出て、十四五丁寺泊の方へ来タリて、左の谷間を通りて、国上(くがみ山)へ行く道有。荒井と云塩浜より壱里計有。寺泊の方よりは、ワタベと云所へ出て行也。寺泊りの後也。壱里有。同晩、申の上刻、出雲崎に着、宿す。夜中、雨強降。



※このあと七月七日の直江津今町での句会で披露された「荒海や佐渡によこたう天の川」の句であるが、4日の出雲崎の夜からずーっと雨が降り続いており、星や佐渡島は見えなかったことがわかる。

※伊夜比古の おのれ神佐備(かみさび) 青雲のたなびく日すら 小雨そぼふる  万葉集





伊夜比古の おのれ神佐備(かみさび) 青雲のたなびく日すら 小雨そぼふる  万葉集

  弥彦神社の神をたたえた 万葉集の和歌は、
  むかし 私が歌っていた 難しい歌詞の校歌と思った 自分が卒業した母校の校歌に
  似た単語が使われていたことを 最近知った。
  「かみさびる」「たなびきわたる」など、神と自然と地名が盛り込まれたものであった。
  小学校3年生3学期から 卒業までの 私には  無理だったですね。

新潟市立内野小学校 校歌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1 弥彦角田の 嶺の雲
    たなびきわたる 有明の
    うらわにひびく 松風に
    声うちそうる 沖つ波

  2 流れて越の 野をひたす
    桜花咲く 新川や
    静田のほこら 神さびて
    月すむ秋の お筆山

      静田神社
       歌詞にある 「新川」と 「静田神社」のある「お筆山」です






スポンサーサイト



2019.08.17
コメント記入欄