FC2ブログ

(1) 昨夜は デザインを決めて文章も直してから しばらく放置してあった
    年賀欠礼の葉書を印刷した。
 
 冷たい雨のふる 1月末に亡くなった 義母の喪中ということで、年賀を遠慮することになる。
 11月上旬には、出そうと 一月前に作った物を 印刷したが、
 そのころは まだ早いかと思っていたが、
 新潟の墓参りや 野沢温泉へ行っている内に、11月も上旬が終わるというので
 印刷に取りかかり、
 午前中に 郵便局に行って、忌中喪中用の切手を購入して 貼って出した。

(2)今年も あと50日で 終わりだというので、
  肩にかけるバッグの中の一冊。 
  手帖を交換した『京都手帖』も この 2019年版となった。

京都手帳2019

  そこに挟むのは 東海道線のJR東海の小 『時刻表』である。
  これは 前駅長さんの 転勤時に いただいた一冊で、重宝している。
  タブレット端末の 「乗り換え案内」も使うが、
  東京駅や上野駅、大宮駅で、やってくる この電車が小田原行きなので、
  乗って良いのか、次の熱海行きを待つのが良いのか悩ましいとき、
  この小田原駅行きに乗っていって、 終点小田原駅から熱海方面に くだる電車に、
  小田原駅で乗り継ぎできるか否かは、
  タブレットでは一目では わからない。 
  途中の平塚駅で 快速アクティーに 乗り換えたら間に合うのか? 
  それには、 こういう冊子が 欲しい。

 金曜日の 13:00から受付の 戸田市役所となり「戸田市文化会館」での
  私が お話しする 
  「NHK大河ドラマ『西郷どん』に えがかれた幕末の志士達と西郷隆盛の生き方」

  反省会が終わってから、湯河原へ戻るときに、活躍する「小時刻表」である。

その埼京線と並行して走る 北陸新幹線にのって、
  今朝、土肥会の役員が、宿泊研修で、金沢・富山・立山町に出かけて行ったはず。
  これは 
  湯河原の土肥氏の子孫と深谷の新開氏の子孫が、
  鎌倉時代末期に、越中国立山に地頭として出かけていて、
  「応仁の乱」にも京・大坂へ出兵し、
  戦国時代末期に、佐々成政に破れて、
  家来筋が前田利家の家臣となり、金沢城下で 500石ほどの武士として生活していたので
  その武家屋敷跡のビル・駐車場を、見てくるという計画を 私がたてて紹介した。
  会長には、土曜日に、
  近江町市場での昼食場所、金沢城石川門、兼六園、21世紀美術館、武家屋敷街見学を
  話したが、 興味あるところは どこだろうか。

  あすは 富山の倶利伽羅峠や前田家のお寺も見学して、立山町の町長さんを表敬訪問する手筈だ。
  気をつけていっていらっしゃい。
  わたしは、きょう 12月の「和田氏史跡バス見学会」の参加希望者に、
  案内を 郵便局から郵送した。

  毎年、上の「戸田市文化祭の講演会」と ぶつかるから、
  いつも宿泊研修の計画を立てるだけで、終わってしまう。




スポンサーサイト
2018.11.07
コメント記入欄