FC2ブログ


新潟市立寄居中学校の卒業生、
  関東に住む仲間を集めての 古希のお祝い会を 5月末に 
  東京で開いて、関西や新潟からも来てくれて、大勢の仲間が集まったことは
  うれしかった。

 中学校入学からの転校生で、知り合いが一人もいない 無口な私のことを、
 みんなが心配してくれて 声をかけてくれたことが 55年たってから解ったのは、同窓会のお陰である。

その会の 反省会が 
 9月2日(日)に 東京品川プリンスで開かれた。

DSC05415.jpg

DSC05412.jpg

改良判

反省会に こんなにやってくる中学校時代の同窓会というのもすごいことだ。
  カメラマン(?)森田さんの撮影になる 写真が送られて来た。
  男性陣を見て 歳をとったなあと思うが、 
  自分も そのようで、
  きょうは このあと、もみあげ部分の白髪を斬り、短くしようと思った。

今朝の FM熱海湯河原の放送では、TVではないので、気にしなかったが、
  短く斬っておけば良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはともかく、次回は 77才 喜寿のお祝いまで、生き延びよう
   そんなことで 集まったのだと思うので、
   次回 このメンバーのなかで 生き延びた人物が、みんなに声をかけて
   幹事役を 買って出ることが 
   暗黙の内に決まったなあと (私だけかな?) 思って出かけました。

今回は、中学卒業後の 人生生活を、次々に 5分ずつ語る時間を設けたので
   私のことを 泯さんが どう思っていたのかを聞けて良かった。
   みんな苦労されたことが解った。

特に 奥さん達は大変だったんだと思った。
   だから この古希の会が開けたんだと思ったし、
      次回も、女性陣の主導権は変わらないだろうと思った。

   そうは言っても あと7年。 
  度々 なんだかんだの 都内周辺の散歩にお誘いする計画を 加藤が立てろということなので
   「からだ」と「あたま」の トレーニングがてら 計画します。

 
 
      
 


スポンサーサイト
2018.09.08
コメント記入欄