FC2ブログ


前ページのように、古い湯河原駅や、湯河原駅前の写真を調べる作業を開始する事にした。
  JR東日本が運行する 特別列車「四季島」の試運転も 下のように行われ、
   東海道線運行や湯河原駅停車の企画も進行している。

    C3PjEPcVMAAuYRa.jpg
    C3PjLEQVYAAx71t.jpg
   ※湯河原駅での試運転で。 東海道線上りホーム 停車から出発を見送る 前駅長さん。
  

  昨年の 新潟から 福島県喜多方を通って 会津若松 郡山方面への企画では、
    私の生まれ故郷の 蔵のまち、ラーメンの街 喜多方市の
    喜多方駅を出て 塩川駅周辺で 立ち往生したというトラブルのニュースも知っているが、
    蒸気機関車「ばんえつ号」を 早くから運行している 磐越西線であるから、列島横断のコースには
    鶴ヶ城・東山温泉・磐梯山・猪苗代湖のあることもあり 誰もが知るコースである。

そんな湯河原駅の古い姿を 町民・観光客に見てもらいたい 知ってもらいたい 思い出して貰いたい。
   貴重な歴史の一部を切り取った写真を 保存しておきたい。 そういう企画です。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  その 第一弾が これ。

駅前ロータリー 横浜銀行
      まだ、駅前に 古い大屋根も ありません。 植え込みロータリーがあります。
      バスの 並ぶ向きが違っています。  駅前に四角の「横浜銀行」の建物があります。
      冨田町長が 「駅前の横浜銀行の 1階 フロア 腰高壁面が 白石(=白丁場石)だった。」と
             語ってくれる 建物です。
      駅舎は まだ、東海道線開通の時の 最初の木造駅舎です。 貴重です。

      書き出したら 切りが無く 指摘することや 疑問点が 浮かんできます。




スポンサーサイト
2018.08.29
コメント記入欄