FC2ブログ


日曜日 駅前での募金活動を終えて
  看板 のぼり旗、机などを 急なカミナリ豪雨の中、
  片づけていたときに

  838年前の 土肥実平夫妻像。

      IMG_7229.jpg

いいなあ と思って 撮影しました。
  改札口から出て来る 観光客に 尻を向けても、
  向こうの伊豆の山の坂道を 下ってくる 源 頼朝軍を 迎える夫婦の姿です。

  作者は 私は分かりません。(私が 湯河原に来る前の作品ですから。)
  知っているのは 製造は 川口市の鋳物工場で造られました。 名人がいて、
  そこに発注したそうで、その名人社長は、同じ年に、二体 同時に造っていました。
  だから 青銅色では無く、やや茶色のイモノ風です。 同じ材料で作られたことが良く分かります。

  それは 北海道大学で教えていた あの羊山公園の クラーク博士の銅像です。
  同じ年に 同じ工場で、同じ人たちが作った、姉妹作品 兄弟作品なのです。



スポンサーサイト
2018.08.15
コメント記入欄