先週 孫娘の夏期講習の付き添いに行っている間、 
    久し振りに中学受験問題集を めくっていた。

  こんな問題があった。


まちおこし問題

 打ち直してみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・下のような問題です。


問9 観光客を集めるため,さまざまな都市で「町おこし」が行われています。このような「町おこし」についての説明として正しくないものを次から2つ選んで、記号で答えなさい。

ア その都市にゆかりのある有名人などを「観光大使」に任命し,さまざまなメディアを通して都市の魅力を発信している。

イ その都市に「アンテナショツプ」を出店し,地元の人が直接、大都市へ行かなくても買い物ができるようにし、都市圏への人の流出を防いでいる。

ウ その都市の魅力をアピールするために,広告費の高い「インターネット」よりも,新聞や雑誌を使って宣伝する都市が増えてきている。

エ その都市の名産や歴史的人物を模した「ゆるギャラ」とよばれるご当地キャラクターをつくり都市の魅力を発信している。

オ その都市の郷土料理や名物を「B級グル」としでふるまうイベントを通して,その都市や地域の域の知名度を上げる試みが行われている。

     正答:   正しくないものを二つ選ぶのであるから、   ( イ ・ ウ )  であろうが、
   
   数年前の出題ではあるが、現代を とらえている高度な問題である。
       小学生は ここまで 知っていなくてはならないのかと、驚いたものである。

 この線にそった 来年の問題を   いま 私が出題するとしたら・・・・・・・・・・・
  ① 「ふるさと納税」の問題= 意義と考え方、現状、改定方向を問うものである。
  ② 「海外からの観光客対応」の問題= 外貨獲得、オリンピック対応、宿泊数の確保、観光地の対応、
                               テロ対策 セキユリテー問題点を 問う問題である。      





スポンサーサイト
2017.08.13
コメント記入欄