いま、横浜で開かれている 展覧会で
    安野光雅の平家物語を題材にしたもののうち
    パンフの表紙

    あんの展覧会

    そうです。 那須与一 屋島の扇の場面ですね。
    画家の描く視点の場所、
    800年以上もむかしの その場所に立っていた人物が 土肥実平です。
 
 きょうは、その 御子孫 富山県立山町の坂井立朗議員から 
     土肥実平 子孫の苦労や活躍を話していただきます。

     湯河原新聞2
     ※今朝の『湯河原新聞』から


     13時30分から 15時30分 湯河原駅前 図書館です。 無料です。
     お話しの資料と 美味しい立山の水500mlペットボトルがいただけます。


 
スポンサーサイト
2017.05.21
コメント記入欄