きょうの夕方 
  とんでもなく ビックリすることがありましたよ!
  歴史好きの私でも、 これまで あんまり出くわさなかったことです。

  この下の A3版よりやや大きい 歴史講演会のポスターを
  真鶴町にも 貼ってもらおうと 頼みに廻った 今日の夕方のことです。

      29教育掲示板講演会ポスター

  ポスターを見ていた方が、

   「土肥さんの子孫が 上市(かみいち)に 居るのですか?」
    
     私: 「ええ そうですよ」 
   
   「そうですかあ、立山町にも・・・・」「私の故郷なのですよ。」
   
     私: 「それは それは・・・ 意外ですね。 こんな近くに講演者の関係者がいるなんて・・・」
  
   「そうですよね、自分もビックリですね。」
  
     私: ポスターの武将名を指さして
        「この人物が 活躍した弓庄城主(ゆみのしょうじょうしゅ)で、土肥実平の子孫です。」
         相手の名前を知っているので、
        「◎◎さん あなたの先祖が この実平の子孫のお殿様を支えた、家老職だったのですから、
          すごいですよね。」

   
    「いやいや うちは 地侍で 偉くないですよ。」

    
     私: 「先祖さまの中の本家筋の方でしょうかね。」
         「でも、その◎◎家の方が、のちに前田利家に五百石で召し抱えられて、
          立山から金沢に移って 旧主君の土肥氏のことを、江戸時代に書き残してくれたので、
          今、そのことが分かるのですよ。」

    「地侍の うちの おばさんは、土肥家に お嫁に行ってるんですよ。」

  この展開では 話が 続きますよね・・・・・・・・・・・・・・・・



▼ これは すごいことですよ ◎◎家が 今日 お目にかかった上記の方です。
                         金沢へ移動する加賀藩士にならず 地侍として在地の村に住んだ一族もあったのでしょう
 

       ー ◯ー(安芸)小早川家
土肥実平ー遠平ー 維平
(土肥郷早川領領主、和田の乱で刑死) 
          ー 維時               (弓庄城主)(最後の城主)(加賀藩士に)
       ー 維豊ー倫平ー宗平ー政澄ー政章ー政道 ー政忠 ー 政繁 ー  政平・・・・・・

                           ー ◎◎家 図書助(分家して家老職) 
                           ー ◎◎家 采女 ー 俊繁・・(加賀藩士に)
                                    ー 俊澄・・(加賀藩士に) 
        
      実平の次男=遠平の弟                    
      新開氏の養子に(初代と数えて)    (この間に 富山へ移り)     (22代目)
    ー(深谷新戒)新開実重 ー◯ ー◯ ー◯ ー◯ 略 ◯ ー◯ ー◯ ー土肥氏 講演者


 おはなしを 詳しく聞いていきたいものですね。




スポンサーサイト
2017.05.02
コメント記入欄