前に行った オランダのチューリップの花園にあった
            ミッフィーの家

   ミッフィー家1


 涙を流す「ミッフィー」が... 
                               生みの親 ブルーナ氏死去


ウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親の絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナ氏が2017年2月16日(現地時間)、故郷であるオランダのユトレヒトで亡くなった。ミッフィーのオフィシャルサイトが17日、発表した。89歳だった。

 ブルーナ氏は1927年生まれで、デザイナーとして活躍した後、53年に絵本作家としてデビュー。60年のキャリアの中で、124冊の絵本を手掛けた。55年に発表したミッフィー(原題ナインチェ・プラウス)シリーズは、現在では50か国語以上に翻訳され、世界中で8500万部以上発行されている。2015年にはミッフィー誕生60周年が記念され、展覧会も開かれた。
独特のシンプルな線と色で描かれたキャラクターは、国や世代を超えて愛され、生前、ブルーナさんはそのシンプルさについて、「多くの余白を子どもたちの想像力のために残しておいた」と語っていた。

                    20150516235109.jpg

■「今もミッフィーを愛しています」

 ミッフィーは、日本では1964年に「ちいさなうさこちゃん」として翻訳、出版され、子供たちから人気を集め、これまでに5000万部以上が発行された。 日本との関わりも深く、東日本大震災の際には、励ましのメッセージを添え、大粒の涙を両目から流すミッフィーのイラストを日本に送っていた。
                          OSK201103260152.jpg



 ブルーナ氏の公式サイト、フェイスブック、ツイッターなどは2月18日昼現在、涙を流すミッフィーの画像がトップになっている。 英語版公式フェイスブックページの死去の報告は、1000件以上シェアされている。世代を超えて愛されるミッフィーへの感謝と、悲しみのコメントが、
  「ミッフィーを連れてきてくれてありがとう。彼の魂が安らかに眠れますように」
  「何年もミッフィーのことを愛しているし、今では私の子供たちもミッフィーのファン。とても影響力のある画家でした」
  「私が生まれた時、初めて母からもらったものがミッフィーだった。ベッドの中にも連れて行って、朝起きると最初に目にするのがミッフィーでした。今もミッフィーを愛しています」
                などと寄せられている。


 ▼  きょう貰ってきた 景品募集の サンスター歯磨きG・U・Mの 応募葉書です。

   ミイフイー


 ▼  旅行先 アムステルダムの デルフト焼き工房で、お土産捜しの妻  

   ミフィー1

 ▼  我が家に いま、飾ってある デルフト焼きのミッフィー タイル

       mifi-2.jpg

 

  私や子供たちの成長と共に 目にしてきた ちょっとさびしい表情の ウサギさんでした。

スポンサーサイト
2017.02.19
コメント記入欄