きょうは
  お兄ちゃんが展示説明に参加して 開催されている

    展覧会「戦国時代展」を観ることにした。

チケット

この美術館の お隣の地は、
  伊豆の世界遺産、韮山反射炉をつくった
  江川太郎左衛門の江戸屋敷跡で、 彼はここで死亡した。
  その地に行ってみて、写真を撮りたいと思った。

 江川江戸屋敷1
 
 オジサンが 看板を熱心に読んでいました。   

      DSC09209小
       
    ( 伊能忠敬は 自分が書いた測量日記には、誤って 江太郎左衛門と記していますが・・  )

  そして 向かいの工事中であった 新しい 「すみだ北斎美術館」にも、足を運んだ。

北斎美術館

 北斎の老後の絵描きと生活は
   むすめが 世話をして、(北斎が死んだときには、大八車に乗せて菩提寺まで運んだという所を案内したことがあるが)
   その様子が 人形によって復元されていた。
   ふと、「江戸時代の偉人には、女性の力があったこと」を連想して・・・ 
   滝沢馬琴の長男の嫁のお墓参りがしたくて    

 さらに 地下鉄を乗り継いで、
   茗荷谷駅に用事があったので、そこへ行って ついでだからと
  
   ①縛られ地蔵に 願掛けの縄を巻く
   ②滝沢馬琴のお墓、息子の嫁のお墓に お参りしてきた。

一年一回の ひさしぶりの東京博物館・美術館巡りであった。 
    湯河原は 東京が遠く  8時に家を出て17時帰宅電車乗車時間述べ5時間ということであった。

     



スポンサーサイト
2017.01.16
コメント記入欄