今朝、 浅田 勁先生から 新刊書が送られて来ました。

     51B8Mh_PJzL__SX351_BO1,204,203,200_

  早速 読ませていただきました。
   編集後記に、私の名前も書き加えてくださってありがとうございました。

今後、感想を先生にお送りするのは勿論ですが、
   販売後は「アマゾン」のHPにも  コメントを送らせていただこうと思っています。

  

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ずは 皆さんに 手にとって 見ていただきたいと思っています。

この本を出すことに、先生といっしょに活動されたグループ
  「かまくら駅前 蔵書室」
 のHPでも  このように紹介されています。
  かまくら

 カマゾウから本が生まれました

 昨年の3月末、2年にわたって改修中だった若宮大路の段葛(だんかずら)の工事用フェンスが取れ通り初めが行われました。
これに合わせて1月から神奈川新聞に週1回「段葛再生~歴史の舞台を歩く~」という連載がスタート。段葛にスポットを当てながら鎌倉の歴史をひも解いていくという、これまでになかったアプローチが興味をそそりました。

   その筆者こそが会員の 浅田勁さんだったのです。

 浅田さんといえば「鎌倉時代に新聞があったら」という切り口の「鎌倉新聞」をかつて神奈川新聞に連載したこともある元記者で歴史研究家。カマゾウでも「浅田先生大いに語る」と題した歴史の講義もしていただいていました。
「これが事実かどうかを突き止めなければ」と資料を探したり、段葛を中心にあちこち奔走している姿を見ているだけで、執筆の大変さやジャーナリストのこだわりを感じていたのです。
もちろん、実際には10回の連載では収まり切れないことも分かっていました。そんなとき浅田さんとの会話の中で「これをまとめて本にできないか」という話になったのがスタートだったのです。 そして年が明け、ようやく1冊の本というカタチになりました。
制作の過程で写真撮影を会員の佐久間芳之さんや松藤飛洋さんに、表紙絵を同じく会員の矢野元晴さんにお願いしました。
「私の段葛ストリート」には、やはり会員で段葛に面したお宅で育った吉井瑞穂さんにも登場していただきました。また、鶴田真由さんの取材にはカマゾウにお越しいただいたりもしました。
出版元の歴史探訪社さまのご提案で、原田寛さんの巻頭写真、年表、近世からの風景、昭和28年の在住著名人名簿、昭和36年の住宅地図なども加えバラエティー豊かな内容に仕上がりました。
1月17日(火)より書店にて販売いたします。店頭にない場合はお手数ですがご注文ください。
カマゾウにも置きますので気軽にお越しください。

   <タイトル> 鎌倉千年の歩み ~段葛からのオマージュ~
   <定 価>  1,300円(税込み1,404円)
   <発行日>   1/17(火)
   <著 者>  浅田 勁(あさだ つよし)
   <発 行>  歴史探訪社株式会社
   <発売元>  株式会社メディアパル

歴史探訪社さま、神奈川新聞社さまをはじめ多くの皆さまにお世話になりました。
     心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

       imagerrr.jpg


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 来週 販売開始です。  是非 手にとってお買い求めください。

 



スポンサーサイト
2017.01.12
コメント記入欄