きょう TV「マツコの世界」のゲストで 小室哲哉が語ったことは
  20世紀末の 日本を 音楽で引っ張った 
  小室プロデュースの世界

  ・ふと冷静になると 恐怖心がわいてきた。
  ・自分の作り出した 曲を こえられなかった。
  ・共通点が多いのに ライバルであったのは、 つんく♂
  ・小室を引退させた 曲オートマチック  作り歌う、宇多田ヒカル 
    生まれた時から 英語ネガティブで、 その歌詞聞いても 何がオートマチックか解らなかった。
  ・華原朋美・篠原涼子・グローブのKEIKOの声質。

これから 来週以降 しばらく 部屋に閉じこもって、原稿書きを続ける時の
   テンポある音楽に 久し振りに ききたくなったね。


スポンサーサイト
2017.01.10
コメント記入欄