きのうまでに 会長さんと相談していたことがまとまり、
  けさから 作り始めた

  戸田市文化財研究会の 1月14日の研修旅行は
  大磯の左義長を 私が ご案内することになりました。

  その勧誘ビラを作って 夕方、郵便局から 篠崎会長さんあてへ送りました。

遅れましたが 漸く目途がつきました。

戸田市文化財 大磯左義長29.1.14.
戸田市文化財 大磯左義長地図29.1.14.

中身は このようになっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戸田市文化財研究会 第131回 日帰り研修のご案内
 
お正月の行事として戸田市内でも様々な行事が行われてきましたが、都市化、
 高齢化、少子化が進み、伝統文化の継承が難しくなっています。正月明けの
ドンド焼きでは、信州野沢温泉の道祖神祭が有名ですが、近くの神奈川県大磯
でも子供たちからお年寄りまで、町会ごとに神様の「お仮屋」を作り、町内の結界
を示す「道切り」を越えて廻って歩く「七所参り」の風習が、1月8日から14日まで
続けられて、その飾りを海岸に持ち寄って大きな「わらサイト」を建てて、夕方火を
付けるという「左(さ)義(ぎ)長(ちよう)」が展開されます。島崎藤村もこの祭にひかれ
て、晩年を大磯ですごしここで亡くなりました。

 大磯町は、以前に俳句の旧跡「鴫立庵」などをご案内しましたが、今回は、寒さ対
策をして、無病息災を祈る「七所参り」「左義長火祭」を見てみようというのが今回の
テーマです。
 自動車の心配の無い平地歩行で全距離2.7km。是非ご参加下さい。

                     記

  テーマ:国指定重要無形文化財 大磯の左義長を見て体験する旅
  開催日 平成29年1月14日(土曜)
  日 程 

 戸田駅なら13:33発―戸田公園駅なら13:35発ー 埼京線新宿行きー13:43着
の赤羽駅で乗り換え、赤羽駅発13: 58発の国府津行き―(東京駅直通90分間)―
15:24大磯駅着
 トイレ、(駅前の店舗で夕食代わりを 各自で調達して下さい)
 ー15:45着、裏面概略図B島崎藤村の旧宅、16:00発ー 前回にも訪問した俳句の
聖地C「鴫(しぎ)立(たつ)庵(あん)」前交差点、16:10着(皆 さんの希望で入場か否かを
決めます¥300)ー16:30着、概略図E 東光院で(左義長の今昔、記録映画16:30~
17:00鑑賞)ー 17:00Dお仮屋浜之町17:20発-17:40着 ⑦道祖神社 17:50発
 ー18:00礒汁サービス場(先着200名では間に合 わないでしょうか)トイレ ー18:25着
 会場海岸 点火は18 :30予定ー18:55までドンド焼きを見てー19:00出発、海岸から
13分ほど歩いて大磯駅に戻ります。

大磯駅19:24発―湘南新宿ライン快速、前橋行きー20:42着 池袋駅乗り換え(3分間)ー
20:45発武蔵浦和行きー(埼京線)―21:02着 戸田駅解散

●交通費用は 大磯駅―戸田駅は1490円×往復
●夕飯は、もともと食事場所の少ない町の上、祭りで早く店仕舞いされるので、その時その時
で、各自ということで、電車内でおせんべいでも・・ 
●防寒、雨天対策を。軽い小型の懐中電灯は便利ですが、無くても困りません。
●お仮屋での子供達への賽銭。ドンド焼きで焼く縁起物ダンゴ焼きセット700円。

と言った内容です。

スポンサーサイト
2016.12.21
コメント記入欄