旅行をしてきて その感想を まとめて記録して 発表するのを『旅行記』というけど、
 私には最も 苦手なことだった。
 
何処かへ出かけようと 計画を立てるのは好きで、
 いくつかの団体の皆さんを あちこちへ あんないした経験を持っている。
 自分で計画を立てて 参加者を募集して、実施して、案内して、返金もして・・・
 そんな 旅行会社みたいなことを、続けてきた。

    ( ー コレは 厳密に言うと法令違反なのですよね ー )

 どこへ出かけても 写真は撮るし メモも することがあるんだけど
 大概は 事前資料を作る時に 使った資料も 袋に入れて それっきり。
 だから、貯まる、たまる。 
 私の廻りの荷物は、コレだらけとなっています。

だから、旅行の後始末が へたくそな証拠です。 ほったらかし。


そこで きょうやったことは・・・

  ① きのうの 孫娘の「ピアノ発表会」の録画や写真を 孫達に 送っておかなくては・・・・

  ② 先週の旅行の写真を まとめておかなくては・・・ カメラだけでも、二つ三つ持っていくのだから
     一つには まとめておかないと・・・・  プリントアウトするのは あとからでも良いから・・・

  ③ 資料は ひと まとめてあるけど、見て来た移動順番にしておかなくては・・・




たまっていた TV録画を みながら・・・
  夏目漱石 没後100年記念 ロンドン留学から 遼東半島満州で 日露戦績をみて、
       近代化について 日・中・朝・欧の考えを比べる。文学の在り方を検証した番組は良かった。


 

 
   
スポンサーサイト
2016.12.05
コメント記入欄