本当に 久しぶりに
四谷大塚の理科実験の授業を見に行くことになる。

バスに乗って、一緒に所沢駅前の 四谷大塚所沢校
いよいよ 孫娘の進学対策の 始まりである。

娘や息子たちの時からだから、
すでに20年以上も前のことになるわけだから 懐かしいね。
その次の時代だから、ネ

高校教員在職中に
市進や東進(当時若手の林先生にも 出会ったね)・・・・・・・・
多くの塾や予備校に、
自分の高校受験を依頼する進路相談に来て欲しいと
お願いに出かけていて、
塾の先生や 保護者の皆さんと話していたことを
思い出していました。

その頃、江戸川学園の高橋校長と話をする機会ができて
自分の子たちを 江戸取へ進学させることになったのだが、
頑張る子供には、頑張るだけの価値があると思うようになったし、
その 面倒を 親が見てやることが大事だということを
いうようになりました。

少子化もあって
塾も 生徒募集に懸命です。
そんな熱意の感じた、先日の孫娘の受験した
人生初の模試の結果判定説明であった。

そうそう、理科実験の内容は
空気圧、重力のことでした。
今度 ゆっくり、三郷高校や大宮高校で 物理を教えていた
和田先生にも
教えてあげなくては。

和田先生!
先生の主張していたことを
四谷大塚でも、理科実験には、まず 「白衣」を
買いなさい。
でしたよ。
思い出しますよねえ…

明日は 朝から雪が降る予報ですね。
東京では 54年ぶりという11月の雪というので、
1962年度、何があったのかと思って調べ出したら、
新潟市立寄居中学校に通っていた 私に
特に 印象に残ったことがなかった。

当たり前だ。 新潟では 十一月の雪は いつものことだもの。
今年も 11月1日 に 行った 小沢辰男代議士の実家
新潟の商家博物館を 見に行った時から、みぞれで、冷たい北風が
強く 吹いていました。


その時、新潟市西大畑に住んでいたところでしたが、
今回 そこを通ったら、その道は、
「地獄極楽通り」と数年前から名付けられたものでしたが、
今日、孫娘が練習していたピアノ曲は「天国と地獄」だったのは
偶然でした。














スポンサーサイト
2016.11.22
コメント記入欄