JR東海の 函南駅の前を おりてきた右上にの丘です。

     DSC04966丘墓小
このような 看板があります。 
  石橋山合戦で敗れて、土肥・箱根山中に逃げ込んだ 平家追討の軍兵は、
  土肥の大杉、しとどの岩屋などを経て 房総へ逃げた源 頼朝・土肥實平らと、
  その他に逃げた武将たちがありました。

  (1)石橋山で負傷して、伊豆の中心、修善寺方面の名門豪族、(工藤)狩野茂光
    平家方、大庭氏の追っ手を振り払って、伊豆の故郷に戻ろうとしたが、
    傷を負い さらに 自分が大肥満で、逃げ延びるのは困難ということで、諦めたようだ。
    甥だったか、孫の田代信綱だったかに、介錯させたんだよね。     

  (2)同じく 石橋山で負傷した 北条宗時は、北条時政の子、政子の弟です。
  彼の領地は この函南の大竹・桑原でしたが・・・・やっと、自分の領地の 
  ここまで来たら安心と思ったのに、捜索隊の待ち伏せで討ち取られたという。
  北条一族の本拠、願成就院方面に帰えろうとしていたようでもありますが・・・  

 看板北条宗時狩野茂光

  北条時政・政子ら一族は、菩提を弔うことを考え、現、長源寺。現、高源寺。 
  といった、源氏の政権下で「源」が付いた名前に変わったお寺に、仏像を新たに作って、
  北条宗時の菩提を弔ったのが・・・・ 戦乱で、明治以降の廃仏毀釈で・・・お寺が荒れて
  村人が あちこちの仏像を 今日、お昼を食べた「桑原薬師堂」にまとめられて・・・ 今 美術館所蔵となった。
  そんなイメージでしょうか。

   歩く途中に、出会った 七観音像も きちんと整備・保存されていました。

IMG_1573.jpg


 高源寺へ 山中の農道を歩きます・・・・
    山門が見えてきましたよ・・・

 IMG_1580.jpg

参道にある 「比企の尼の供養塔」という石塔。
    ザンネンながら 数年前まで立っていた説明表記板が 無くなっていましたけど・・

IMG_1585.jpg

 高源寺前で 時間をもらって 頼朝に 旗挙げを勧めた 文覚上人と 比企の尼、安達盛長のお話をしました。

 14:30だったかな  函南の駅に戻って 湯河原には 15時に戻ってきました。
   お疲れ様   新会長さんはじめ係の皆さん ご苦労様でした。






 
スポンサーサイト
2016.10.30
コメント記入欄