10月15日 同じ日に
  重複する行事で    /////////////////   取り消しも                  


8月に 往復はがきを出して申し込んだ 野依さんの講演会


         市民大学野依良治

9月1日に 届けられた 町の広報では
       三遊亭小遊三の落語会

同じ日に 開催されることがわかって 講演会は 欠席することにしました。

 先週末 
  主催者の教育委員会へ 出かけて 欠席、申し込み取り消しと届けました。
「申し込みを 取り消したいのですが・・・・ 」 
    「どうしてですか?」と聞かれて、
「教え子なので-------」

「小遊三さんが教え子?」
  「いやいや そんなわけ ないでしょう!」

「町の広報を 広げて この紙面を見てくださいよ。」

「おなじ日、同じ時間かあ 」「旅館組合が やるのかあ」と
                     がっかりした 担当 の人。

          小遊三遊之介

 週末の 地元紙にも こんな風に出ていました。

  小遊三

   野依さんのお話は 子供の通っていた高校で、
   野依先生の講演会を ノーベル賞受賞後に聞いたことがあるので 
   まあ 一歩引いて 今回は遠慮して・・・・と 考えました。

   教え子は いっしょに 出演する 小遊三の弟子、
    三遊亭遊之介 さんの ことです。 
   教員だった人は 教え子を大事にするでしょう。














スポンサーサイト
2016.09.03
コメント記入欄