依頼を受けた 碑文は 80年以上前のもので、旧字体ですから、読めないというので、書き直しました。
  このあとは、現代語訳になおしても欲しいとの 観光課のお願いでしたので、週明けに
  作ったものを持参します。

築港記念碑グーグル


(新字体、句読点、ひらがな表記) 
築港記念 (題額は右から毛筆横書き)
   
     神奈川県知事 従四位勲二等 横山助成 題額
                                                                                                                    (1931年)
 福浦は戸数二百の漁村なり。その海岸波荒く船の出入極めて困難なりしが、昭和六年、福浦漁業組 合は「失業救済低利資金」一万二千五百円を借入れて龍宮岩以東の護岸と埋立を竣(しゆん)工(こう)せり。翌七年 政府が「時(じ)局(きよく)匡救(きゆうきゆう)農業土木事業」を起すや、福浦村は、七・八両年度において、金七万円の船溜(ふなだまり)工事を認可せられ、四分ノ三国補助、四分ノ一地元負担(低利資金借入)を以て東防波堤、西防波堤、船(ふな)揚(あげ)場(ば)、浚(しゆん)渫(せつ)の工(たくみ)を竣(おわ)り。ひさしく九年度に於て同じく金一万円の補助工事を許可せられ、 西防波堤の延長をなすを得たり。福浦海岸は是(これ)に依(より)て面目一新、風浪ノ難を避け漁業益々盛大にお もむき、子孫代々、その恩(おん)沢(たく)に浴することを得るに至れり。
 この工費の償還財源としては、露木直作外百二十三名の定置漁業権者に俟(まつ)つ所多く、同業者が私利 を捨て公(おおやけ)に尽(つ)くすの精神は大に嘉(よし)とすべし。当時の村会議員並に漁業組合役員として、この工事 に貢献せるは、露木直作、露木吉郎、高橋松之助、加藤金吉、高橋仙太郎、高橋修治、高橋峰太郎、千石鉄三郎、高橋藤吉、高橋角治、露木締一、露木茂、高橋誉四郎、五関作太郎、貴田泰治、高橋 織之助なり。なお、真鶴町外二ケ村組合収入役高橋平蔵がこの計画にあずかって大いに力ありしが、 その完成を見ずして逝(い)けるは、真(まこと)に惜しむべし。福浦村は、同八年、「自(じ)力(りき)更(こう)生(せい)漁村」として指定 せられ、副業奨励に勤倹・節約に全村協心努力せるは、村の前(ぜん)途(と)に大なる光(こう)明(みよう)を資(し)すものなりとす。 ここに築港完成の由来を記して後代に伝う。
    昭和十年四月
                                                   真鶴町外二ケ村組合長松本赳 撰文         工事請負人            石工
                                                   福浦尋常小学校長加藤松五郎 書之            平井政吉 建之   青山文二






スポンサーサイト
2016.09.02
コメント記入欄