一年生の孫娘の 初めての読書感想文の相手をしました。
                 「ここで 読書嫌いになってしまってはいけないから、
                     あまり厳しく 言わないように」と、
                     母親から釘をさされているので
                     きょうは、対話中心で 作りました。

ただ、読書感想文課題図書が「気持ちの銀行」の話なのですが、
                そもそも、孫娘は 一度も 銀行へ行ったことがないので、
                銀行 自体を知らない。
              図書の 表題「気持ちの銀行」をわかってもらうために
              孫娘には、まず、普通の銀行の働きを
               わかりやすく説明する目的で、
                近くの銀行支店に連れて行きました。

図書本にある「窓口にならぶ お姉さん達」という銀行内の
                 雰囲気を知ってもらえたと思います。
                  もっとも、「お姉さんたち」という表現でしたが、
                   現場は  「おばさんと、おねえさんたち」でしたが・・・・・


    そんなことで     ようやく 孫娘は、書き出してから
                 悪戦苦闘して 2時間以上かかり、
初めての 原稿用紙の書き方もおぼろげにわかったようで、

     読書感想文 7〇〇字を  書き終えて完成しました。

    o0480036013724097585.jpg

しかし 小学1年生の時の 自分を考えると、 孫娘の天才ぶりに驚かされます。











スポンサーサイト
2016.08.15
コメント記入欄