FC2ブログ

 先週の 藤本先生の投稿に刺激されて
   取材者としての 朝日新聞が 解説を加えたものでしょうか。
   わかりやすく 図説してあります。


タイトル

上右


上左




下右

          左下


 驚く程ではないのですが 
   この話題となるまえから 
わたしは 大河内家のことを調べる必要があって、調べていました。
 
   この大河内家の  三川吉田藩(豊橋市)は、譜代大名が領主となる要の領国であった。
   松平(大河内)家が定着するまでは 藩主交替が多く行われて、 
   上記に登場する 信祝(のぶとき)が 入ってから 
   ひとつとんで、再度 信復(のぶなお) から、長く続いた。

◯松平(大河内)家  譜代 7万石 信祝(のぶとき)〔奏者番・大坂城代・老中〕
◯松平(本庄)家   譜代 7万石 資訓(すけのり)〔奏者番・京都所司代〕
◯松平(大河内)家  譜代 7万石
                信復(のぶなお) 
                信礼(のぶいや)〔奏者番〕
                信明(のぶあきら)〔奏者番・側用人・老中〕
                信順(のぶより)〔奏者番・寺社奉行・大坂城代・京都所司代・老中〕
                信宝(のぶたか)
               信璋(のぶあき)
               信古(のぶひさ)
〔奏者番・寺社奉行・大坂城代〕 
  
   白峰 旬 『江戸大名のお引っ越し』 新人物ブックス  
  そして今年8月30日 映画になった
   土橋章宏 『引っ越し大名』  ハルキ文庫 の二冊を買って読んでいたからだ・・・・

そして、寛永寺の将軍墓を調べて 出て来るのは
   大河内三川吉田藩主の本家にあたる 髙﨑藩の大河内松平の大名である。   
   コレを調べていた。

 




スポンサーサイト



2019.10.28
 | HOME |  NEXT PAGE »