風天忌

  平成8年8月4日 渥美 清 が亡くなった日 

  『話の特集』の八代さんの 句会に、永六輔に誘われて初めて足を運んだという。
  「風天」の俳号を 自ら決めたらしいのですが、
 ある句会(雑誌アエラのようです)の記録・句が発見されて
  同世代の仲間が 自分の好きな句を選ぶという

  きのう NHK BS放送で放映された番組を見ました。
  渥美 清の 鬼才ぶりが わかる内容、    
  句  句  でした。
  
  倍賞千恵子: 帝釈天前の参道を歩いていました。
         いまでは 新松戸に住んでいたときに 
         時々、柴又街道と参道との角にある「船橋屋」に 妻に 
                                 くず餅を買ってもらっていました。
                                 ここ最近は 日本橋コレド室町ですが・・

  前田 吟:料理や「川甚」の三階から 土手越しに矢切の渡しを見ながら・・・ 
       大原先生、持田先生らと 三郷高校着任のお祝いをしました。
       35年以上前に 私が 料理をご一緒にした同じ部屋で 
       前田さんはお話しをしました。        
  
  
当然、出演者の話の中心は 浅草であり・・・・・、柴又であり・・・・・、
  番組は 
   吉永小百合のナレーションで、柴又の「矢切の渡」から 始まりました。
  
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
以下は、最近見た HPのなかの 写真が とても気に入っていたので 
      作者に 無断で 紹介します。
 
矢切の渡し場

   その HPとは 名画周遊」 です。
   ※ 画の上にマウスのカーソルを置いてクリックすると 拡大されて 字が読めます。

 名画周遊タイトル

   このHPに 湯河原の写真もあります。
   すばらしいです  冬の西日の風景です。
       湯河原に来た 住んでいる人なら 何処かわかりますよね。

湯河原ひもの

   

»Read more...

スポンサーサイト
2016.07.31
 | HOME |  NEXT PAGE »