昼から 三島市にある 佐野美術館へ 
  渡邊館長の講演を ききに出かけました。  2時間の講義でした。

DSC01044syou.jpg DSC01047syou.jpg

今日の講演は「矢部コレクションと日本刀」でした。
 地元の沼津の商店主、矢部利雄さんが こつこつ日本刀を集めたお話です。 
 そして、今回の展覧会の目玉である「一文字派の国宝 太刀 銘 一 (鎌倉時代中期)」の購入持ち主です。 
    昭和20年 戦争直後の混乱期に、土地を売ってやっと購入したそうです。
    織田信長が、長篠の戦いの前に、長篠城に立てこもった奥平信昌が良く守り、信長・家康軍の到着する時間稼ぎをしたことを誉められて、信長から、「信」の一字と、この刀を貰ったというのです。

こういった、お話を 次々にしていただきました。初心者の私たちにもわかりやすく 渡邊館長は話してくれました。
 有難うございました。

 そして、今回、11年ぶりの公開となったのが「蜻蛉切り」。  日本三槍のひとつです。
       蜻蛉切

刀の展覧会に、老いも若きも 女性も・・・ 沢山の人が詰めかけていました。驚きでした。
  車のNo.は、日本全国でした。 楽しみにして行った、園内の食事店は、予約で満員お断りでした。


スポンサーサイト
2015.01.31
 | HOME |  NEXT PAGE »