「ひつまぶし」を 食べに行ったのではなく、
 この名古屋から南の半島の先端、野間へ、
 源 義朝の墓参に行ったのです。

義朝墓前
 
  お供えは、木刀です。願い事を書いて墓に積み上げます。

      記名

グーグル写真地図で見ると
  この大きな寺院の範囲が読み取れます。

野間大坊

  そして、このお墓も、空からこんなふうに見えます。

     野間 墓

なぜ、木刀を供えるのでしょうか?  それはねー
 



スポンサーサイト
2014.02.28
 | HOME |  NEXT PAGE »