母親が、風邪を引くと、母乳で育っている子供はピンチ。
祖母達の出番となる。
はじめは、牛久の中村家のお父さんお母さんの出番。
翌日からは、長野帰りの途中に寄ったら、そのまま、お手伝いさんになってしまった。
 
 はじめは、久しぶりで、きょとんとして、見つめる愛奈。
 「湯河原のおじいちゃんだぞー」と、
 小 いすに2
 「アッ 昨日のおじいちゃんと違う!」という表情か?

 抱っこさえしてしまえば、陽子おばあちゃんの勝ち。
 私は、まかせて、湯河原に帰ります。
 小陽子に2
 
 何しろ、「足手まといになるから、一緒に出かけない。」「ケアに行くのも、鍵を締められないから、欠席する。」という、洗濯機、IH調理器、TVつけるなど出来ない義母が湯河原に残っていて、かえって手間のかかることなのですが・・・・・、
 私は、とりあえず湯河原に帰って、様子を見ることとなる。

 無事でいましたが、ほとんど、面倒なので食事をしないという状況で・・・・・
スポンサーサイト
2009.10.31
 | HOME |  NEXT PAGE »