FC2ブログ
 朝、車を取りに行く。

 バス内。途中で電話二本。

 初任者研修関係と、妻が検査の病院から。

 前者は月曜日に、後者はすぐに病院へ向かうと返事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 仕事をせずに、病院へ向かう。
 新松戸中央病院。 待合室でさがす。
 
 割と元気だ。
 
 脳の断層写真を撮る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 午後、船橋市の不動産屋へ
 道路歩道をめぐっての問題で、急展開。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 帰りに、
 市川市大野付近で、車中で話す。「こんなに、あちこちに庚申塔があるのは、何で。」
 「ホントにたくさんあるね。」
 「インドから輸入する花崗岩は高いから、今回作ったお墓は高くなったのもわかるけど・・・・」
 「江戸時代、当時も岩のない平野の場所では、石は高かっただろうけど。」
 「庚申塔も信仰で作っただろうけど、墓と同様に、高価だったはず。如何に石屋の人件費が安かろうとも。」
 「江戸時代の村人が寄付を募って立てたというのは、そう簡単だと思わないのだけど・・・」
 「私も、長年、不思議に思っていた。神社は粗末なのもおおいが、お寺はどうして村のあちこちに大きな本堂をもっているのだろうか。村人の人口に比べても、つぎ込まれたお金は大きすぎる。」
 「村の中には宗派ごとに寺院があったから、大変だったろうに。」
 「村の収入を年貢として、大きな割合で取られていたのに・・・。どれくらいの負担だったのだろうかという研究がしたいものだ。」
 「こんな基本的なことがわからないのか、今でも。パソコンがこんなに普及して集計が楽になったのにね
。」

 
2008.06.28