終戦間際から 湯河原町に疎開して
  自分と、 (早く亡くなったドイツ人との間に生まれた) 娘と、二人でつつましく生活していた。
  その時の体験、湯河原の様子を描いた『娘と私』の作者で、
  文化勲章受章者 獅子文六(ししぶんろく)の作品です。

いま、湯河原町役場の斜め前の創価学会の建物のある場所に住んでいました。  
  そこで詠んだ俳句の句碑が 役場の坂に移動して 解説板も立っています。

  朝のNHK連ドラの 記念すべき第1回作品『娘と私』が 湯河原で書かれたのです。
  
雨が ふっているので 
  湯河原町唯一店の本屋さんへ行くのを ためらってしまいました。

  さて 文庫本で再刊されました  
      ちくま文庫: 筑摩書房 (2017/9/6 文庫本発売)
   『箱根山』 獅子文六

51JgIDK-ITL._SX353_BO1,204,203,200_

   1962年の新刊 表紙
       51wTpInmkhL._SX373_BO1,204,203,200_

残念ながら DVDになっていないので、私もみたことがないのですが、
  映画になっていました。 
  箱根観光開発を 西武と東急が争って電車・バス・ホテル競争した時代の様子です。

     箱根山映画

  箱根芦ノ湯温泉で 撮影がおこなわれたようで、2軒の旅館が使われています。
  
オリンピック・パラリンピックの開催前で、観光地、温泉地では、
  特に 箱根 湯河原では
  外人観光客を どう迎えるか という話題で持ちきりですが、
  同じようなことが過去に 二回ありました。
  
  一回目が 戦前、昭和10年をまえで 
       東京オリンピックが (実際は、戦争で中止になるのですが) 開かれる前の 箱根・湯河原
 
  二回目が 戦後 1964年に
       東京オリンピック 開催まえです。
       それが この 獅子文六の『箱根山』に描かれています。

  そして 現在。 まったく時代は 繰り返します。

映画を観てみたいですね。 加山雄三、星由里子、 配役がすごい。




スポンサーサイト
2017.09.17


良い お天気です! 
    頼朝・実平 開運出陣祭 
    
    湯河原 城願寺   13:30開催です

        DSC04157.jpg

    朝方 城願寺で、ご住職さんと奥様に お手伝いいただき
       舞台? を セットしてきました。

  久しぶりの 真夏の天気復活です
      水を お持ちください






2017.08.23




先日 葬儀で ニイガタへ行って 買ってきた

   「風味爽快ニシテ」 新潟限定ビイル 麦芽100%です。


   風味爽快ニシテ
 

 自動車での往復で、 お通夜の席でも お酒はダメですから、ノンアルコールでした。
   帰りのコンビニで ラベルが珍しいので 買ってきました。
   冷やして飲んでみると
   おいしい。

なんで こんなビールが 数年前から 売られているのかというと・・・・


        banndaibasi.jpg
   
        sapporo 1

         nakagawa.jpg

       ookura.jpg

        2012.jpg




          niigata okazu
 
 
      左から 雪国まいたけ、 黒埼の茶豆、 笹団子、 豚肉:詳細不明
                                         栃尾の大油揚、
          魚野川の鮎、 村上三面川の鮭、   十日町や小千谷のへぎそば、
           焼き鳥かなあ:詳細不明、  冬のたら 冬のズワイガニ、
                    水なす漬け物




  

2017.07.21


今日 明日 「喜多方レトロ横丁」開催だそうです。


喜多方の実家の跡継ぎ、いとこの家
キング堂も、隣の ラーメン店 源来軒も、
道路拡張工事で 周辺が変わってしまいました。

自分の生まれた故郷が
いつまでも むかしのままであってほしいと 思うのです。
勝手なものですね。

昭和30年代の 喜多方の町を体験できる イベントに ぜひ
墓まいりを兼ねて
来年は 行ってみたいものです。
お祭りの時でもいいんだけどね。




2017.07.15


あと また 三ヶ月半で
新潟にやってきて
新潟市の街中の地下街に行ってみたいね。

先週、NHKTVの 番組で
新潟市の地下街の現状が紹介されました。
実は 新潟市の西堀通りにある 地下街は、
行ったことがありますが、一回くらいあったのかも知れませんが、
一度も ないかもしれません。

出来たのは 何かで聞いたかもしれないけど、
記憶は、新潟駅の 地下店だったのかもしれない。
新幹線が開通してから
数回しか新潟駅を利用したことがなく、
その地下店もどうなったかも知りません。

昭和48年には、大学院を出て、
新潟東工業高校、青陵高校、新潟商業高校での非常勤講師をしていて
新潟駅を利用して、バスを利用して通勤していたので
地下店の改札口も使っていたのですがね。

その後は 忘れてしまいました。

今回のTV放送を見て、
元の小林デパート 、市役所、の間の 柾谷小路へ登ってくる
階段の 向こうに 日銀新潟支店の方に夕日が沈む空が映っていて
よく、
映画館先のバス停で
浦山町や、有明町行きのバスを待って 見ていた
山一証券のガラスに映る夕日と 同じだったことに気づいたから

今度10月31日に
新潟市に 行くので、 不動院のお墓まいりを終えたら
足を運んで見ようと思ったのです。

私が 新潟にいない時に出来たの 地下街でしたから。
初の 登場です。

北光社も 健在であった 昔のことだもの。







2017.07.14
 | HOME |  NEXT PAGE »