FC2ブログ


平成11年11月12日の晩に、
  商工会館3階で 開催された、
  NPO法人湯河原げんき隊が主催した

  『常田富士男の あったか話』

  では、
  小石川さんの原作であった 湯河原の二つのお話し、
  「吉浜稲荷神社のいなり風」と
  「温泉を発見した たぬきの恩返し」とを、
  私が 一晩で改作して 説話風に 常田さんが しゃべれるように書き直して
  送っておき、
  当日 会場で 語ってもらったことを 思い出す。

ちらし

 翌日の『湯河原新聞』に 掲載された記事を 再録しておく。・・・・・・・・・・・・・・・・・

常田富士男記事
  
  その日は 東日本大震災の年だったので、 
  民話のふるさとともいうべき 東北地方が 壊滅的被害を受けて、
  人間の命とともに 古い昔を語りかけてくれた物が 流されてしまったことに
  深い悲しみを 語られました。
   TVで 23年間の長い間、市原悦子さんと 一緒に 
  「日本昔ばなし」を語られた経験を踏まえたお話しは、感慨深いものがあった。

 当日は おくさまと 一緒においでになって、奥さまは 新聞写真にもあるように 
  カセットでの音楽担当で ステージ脇で 背を向けて作業をされていた。
  その節は ありがとうございました。
  お悔やみ申しあげます。  ご冥福をお祈りします。
  

スポンサーサイト



2018.07.19

今ひとつ 梅の開花も遅れ気味ですが、
 先日 NPO法人 湯河原げんき隊の神谷理事長から
   チラシを 二枚 いただきました。

   itigo.jpg

   takenoko_20180226091728076.jpg

  春の便りですね。




2018.02.25

「NPO法人湯河原げんき隊」を創設して
  大変お世話になっていた 二見さんの元気なときの姿を、
  偶然 インターネット検索で きょう 発見した。

今から8年前の 初夏の真鶴駅前である。
  2010.6.5.のことである。
  真鶴の山上で、市川團十郎さんの踊りの会が開かれた。
  それを 見学に来たフアンのかたがたの ブログの一つに
  「真鶴駅に着いたら 地元の係の方のお迎えを受けて タクシーで会場へ向かった。」という
  文章に この2枚の写真が添付されていたのだ。

  改札口を出たところに、お迎えをおしている 二見さんと 
     左の看板に顔を隠しているのが私。

     421860b2.jpg

  タクシーに乗って 振り返って 車内から撮影されたものらしい。

     97e4ae68.jpg
  今は 切られてしまった 駅舎の後の 南国らしさを出していた シュロの木が まだ写っている。

 撮影の方 ありがとうございました。



当日の私のブログには こんな風に書かれていた。2010.6.5.

「成田屋」

 團十郎を名乗る人物は、日本国内で同世代に一人しかいないわけである。
市川家に生まれ育って、祖父、父に教えられ、先輩に指導されて芸を会得する日々は、
他の誰にも不満を言えず相談できない立場で生きてきた人物。
病魔にも負けないという気迫が、言葉に、一挙手一投足にあらわれていると思った。

今日の吉祥院檜ホールでの「團十郎演舞会」では、
わたしはお手伝いで、

   20100606081610224_201801212331437a9.jpg
          (自撮り)

演舞も、トークショーも見聞できなかったが、
最後に、お墓参りをされた時の準備に携わったので、このような間近で所作・発言を聞くことが出来た。

   20100605205037f81_20180121233156b22.jpg

其れが、上記の感想である。
よい経験に恵まれた。

成田屋さん 永く、お元気で勇姿を見せてください


 
 その後 成田屋さんは 残念ながら 亡くなられて 
   今は 海老蔵さんの結婚 奥さんの死、がある。


2018.01.21

 きょう 真鶴へ行っていたら 
  昔 私と同じように 湯河原げんき隊で活動していた人に お会いしました。

 先日 みなさんで タケノコを とって 楽しく食べたそうですよ。
    私は 行けなかったですから、くわしくは知らないですけど・・・
  
      o0480064013631926295.jpg
    takenoko_20160514214451990.jpg

     『タウンニュース』に 記事が出ていましたね。



   きょう 桜澤さんから 電話がありました。

      「 来週 今年初めての 真鶴の干物つくりがあるのですが 手伝えますか? 
        小学生のお茶摘み体験のお手伝いと重なって 人数が少ないのですよ・・・ 」   

     足柄茶

   そうですよね。 
      このブログで 足柄茶の育成状況がいいようですと 先日 紹介したところです。
      「そうですか 大丈夫ですよ。 干物つくり お手伝いに行けますから・・・・ 」

   その時 わたしは、鯛(たい)を捌いていて、 お刺身を作っていた最中でしたから・・・・ OKですよ。

   
 
2016.05.14
今朝の「湯河原新聞」記事です。

 7月1日火曜日の吉浜小学校種まきのようすです。

      吉浜小種まき26.7.2
2014.07.02
 | HOME |  NEXT PAGE »