「NPO法人湯河原げんき隊」を創設して
  大変お世話になっていた 二見さんの元気なときの姿を、
  偶然 インターネット検索で きょう 発見した。

今から8年前の 初夏の真鶴駅前である。
  2010.6.5.のことである。
  真鶴の山上で、市川團十郎さんの踊りの会が開かれた。
  それを 見学に来たフアンのかたがたの ブログの一つに
  「真鶴駅に着いたら 地元の係の方のお迎えを受けて タクシーで会場へ向かった。」という
  文章に この2枚の写真が添付されていたのだ。

  改札口を出たところに、お迎えをおしている 二見さんと 
     左の看板に顔を隠しているのが私。

     421860b2.jpg

  タクシーに乗って 振り返って 車内から撮影されたものらしい。

     97e4ae68.jpg
  今は 切られてしまった 駅舎の後の 南国らしさを出していた シュロの木が まだ写っている。

 撮影の方 ありがとうございました。



当日の私のブログには こんな風に書かれていた。2010.6.5.

「成田屋」

 團十郎を名乗る人物は、日本国内で同世代に一人しかいないわけである。
市川家に生まれ育って、祖父、父に教えられ、先輩に指導されて芸を会得する日々は、
他の誰にも不満を言えず相談できない立場で生きてきた人物。
病魔にも負けないという気迫が、言葉に、一挙手一投足にあらわれていると思った。

今日の吉祥院檜ホールでの「團十郎演舞会」では、
わたしはお手伝いで、

   20100606081610224_201801212331437a9.jpg
          (自撮り)

演舞も、トークショーも見聞できなかったが、
最後に、お墓参りをされた時の準備に携わったので、このような間近で所作・発言を聞くことが出来た。

   20100605205037f81_20180121233156b22.jpg

其れが、上記の感想である。
よい経験に恵まれた。

成田屋さん 永く、お元気で勇姿を見せてください


 
 その後 成田屋さんは 残念ながら 亡くなられて 
   今は 海老蔵さんの結婚 奥さんの死、がある。


スポンサーサイト
2018.01.21

 きょう 真鶴へ行っていたら 
  昔 私と同じように 湯河原げんき隊で活動していた人に お会いしました。

 先日 みなさんで タケノコを とって 楽しく食べたそうですよ。
    私は 行けなかったですから、くわしくは知らないですけど・・・
  
      o0480064013631926295.jpg
    takenoko_20160514214451990.jpg

     『タウンニュース』に 記事が出ていましたね。



   きょう 桜澤さんから 電話がありました。

      「 来週 今年初めての 真鶴の干物つくりがあるのですが 手伝えますか? 
        小学生のお茶摘み体験のお手伝いと重なって 人数が少ないのですよ・・・ 」   

     足柄茶

   そうですよね。 
      このブログで 足柄茶の育成状況がいいようですと 先日 紹介したところです。
      「そうですか 大丈夫ですよ。 干物つくり お手伝いに行けますから・・・・ 」

   その時 わたしは、鯛(たい)を捌いていて、 お刺身を作っていた最中でしたから・・・・ OKですよ。

   
 
2016.05.14
今朝の「湯河原新聞」記事です。

 7月1日火曜日の吉浜小学校種まきのようすです。

      吉浜小種まき26.7.2
2014.07.02
きょうも 暑くなりましたね。朝から・・・

 9時に 現地集合で、湯河原町尾崎山。(尾崎さんちの山だっていう由緒)
 10時過ぎまでは 草取りと 「ざる菊」の芽がでた物を抜いて植え込む作業で、 この段階で汗びっしょり。
 
  10時15分 吉浜小学校5年生3クラスが やってきました。 
  昨年秋に、コスモスの種を、同じ場所に撒いた時の4年生が 今度は もう5年生でした。

高齢化でみかん畑を維持できなくなった土地を、町の農業委員会が借りて
 子供達に、花を咲かせる種をまいてもらおうという企画で、3年前から実施となりました。
 (私は、こんな中途半端な校外行事は、新学習指導要領にも該当しない内容だと、批判的なことは前日に書きました)


町と農業経営者の団体のご挨拶に続いて 「菜の花会」の深澤会長さんが、ご挨拶。

    P7011559syou.jpg
 
同じく、きょうの指導とお手伝いをする「NPO法人湯河原げんき隊」の神谷理事長さん
  「はーい みんな、横一列に並んでえー」 

    IMG_6623syou.jpg
    IMG_6613syou.jpg

「コスモスの種よ。芽を出せ!」 そう、みんなが願いながら 小さな種を まき始めました。
  熱い畑のなかを みんな汗だくで、プラコップに入れた小さな種を 二箇所に分かれて それぞれ二回づつ撒きました。
   
   P7011580syou.jpg

 はい、5分ほど× 2箇所での作業が終わりました。 
  お疲れさまでした。 あとは 大人が 水まきをして、夕方からの雷雨があれば良いと思いますが
  土かけ等の手入れをして・・・・・・・・・・・・・・秋の開花を待ちます。

わたしは、 土肥会の「兜造り」の作業日に当たっている、菜の花会・NPO法人湯河原げんき隊の方々を、
 城願寺作業場へ、車で送り届けることを頼まれたので、この場をはなれました。

私は そのあと 家に帰って、地元新聞社2社へ 
 ① 種まきの写真を添付して 行事の様子をコメントして
 ② ジャガランタの花について 写真付きメールを送りました。
 
これまでどおり 子供達の活動する行事は、とにかく 町民に知ってもらうことが大事ですから。
 なお、 吉浜小学校へ これらの写真をCDに入れて、プレゼントする予定です。
 
2014.07.01
3月16日(日)まで開催された
 湯河原温泉幕山の「梅の宴」イベントが、終了しました。


17日の月曜日の朝、湯河原町役場観光課のみなさんが、
 「梅の宴」の看板をトラックに積んで、会場から倉庫へ運んでいる最中で、
 「ああ、今年の「梅の宴」が 終わったんだなあ、ご苦労さま」と思ったからです。

下の写真は 
 3月7日の朝、毎年開催している 湯河原温泉をつかった「足湯」の設置準備をしていた
 NPO法人湯河原げんき隊の みなさんでした。
 
  足湯1

 私は、今年は外へ出ていて、一度もお手伝い出来なかった「足湯」でしたが、その日は 大勢のお客様が
 喜んで足湯に入っておられました。

  足湯2

 最後の足湯の開催日である14日金曜日には、戻ってこれるかと思って、神谷会長さんに「一回くらいは、お手伝い出来ると思うけど・・・」と言っていたのに、湯河原へ戻ってこれず、残念でした。湯河原げんき隊のみなさん、お疲れ様でした。

観光客の皆様 今年は順調に、梅花の開花が進んで、
 おいでになったお客様 良かったですね。
 ご来場ありがとうございました。



2014.03.18
 | HOME |  NEXT PAGE »