きのう お預かりした 一枚の絵はがき
   関東の農村・農家を描いた 向井潤吉の 春の川原の絵である。
   「春 塘しゅんとう」  春の土手という意味である。

春塘 向井潤吉1984

  残雪が 木陰に残る早春の川を描いている。
  川の名は 「入間川いるまがわ」 部分的に「新河岸川しんがしがわ」と呼ばれて、
  明治初年まで 江戸時代の川越を支えた舟運の川である。

  この湾曲する川の石垣の上に 大きな屋根を持つ家が描かれているが、場所が確定出来る。
  東武東上線上福岡駅東口から ふじみ野市役所前を通り 東北へ行ったところ、
  Book Off上福岡店の交差点を 右に折れてやや下ると、橋が見えてくる。「養老橋」である。
        この絵には 橋は描かれていない。
  この 新河岸川の橋を渡った左側が 今は廃業して いくつかの一般のお宅に別れているが

     「橋本醬油醸造所」 ジョウホンの醬油である。

  江戸時代には この川を上り下りする舟の河岸をもつ 舟問屋が 並んでいた場所である。
  ふじみ野市側は 「福岡河岸」と呼ばれ、 現在も 資料館があり当時の様子を見ることが出来る。

     福岡河岸資料館
          福岡河岸記念館

  反対側は 「古市場(ふるいちば)河岸」と 呼ばれた江戸時代川越城の草創期からの河岸であって、
  あとから出来た福岡河岸より 古いからの地名であろうか。
  その廻船問屋の「橋本屋」が、江戸後期・明治期に醬油業を営んでいた。

 橋本醸造所 ぐーぐる写真地図  


   平成8年(1996)5.24.喜多河信介 新河岸川 養老橋 
    福岡河岸記念館前から上流 白山神社の森を 描いたものであろうか

   養老橋

 さて この
 福岡河岸から、東方の・・・今は冨士見道路の脇に建つ 城北埼玉中高校の門前に向かう 昔からの道と
 養老橋を渡って右にカーブする新しい改修道路になるが、 橋を渡った 左と右が 橋本屋であり、 
 福岡河岸から見ると 養老橋の上流・左側が 商店住まい。 下流・右側が 醸造所になっていた。  


私は 長い間、この絵は、その対岸の上流の白山神社から見た 橋本邸を描いたとばかり思っていのだが・・・
  こうやって比較してみると、
    ① 養老橋が描かれていない。
    ② 醸造場の 高い煙突が描かれていない。
  この二つに気づいた。
    下の 川越市の記録昭和53年の写真を見ると 
    大豆を蒸す蒸気抜きの小屋根の付いた 大きな屋根がしっかり描かれているので、
    石垣土手のカーブも描かれて、

  ◎結論
    この絵は 橋本家の本宅ではなく、 
下流の醸造所で、養老橋の上から描かれており、同じ場所から写真も撮られたことがわかった。
    ただ、煙突が省略されていることもわかったが、絵画構成上の理由で 消したものであろうか。

    橋本醸造所写真昭和53年

この向井潤吉の「春塘」の絵は、昭和59年(1984年)行動美術展に出品された。
   橋本家には、展覧会の案内通知があり、
   見物に東京都美術館の会場へ出向いた当主に、
   美術展の図録と絵葉書が 展覧会封筒に入って 向井の名刺と共に手渡された。

   図録の最初の部分、今年の展覧会の目玉という扱い、
   カラー写真で 3番目という 位置に掲載されていたのが、この「春塘」であった。

    行動美術展1984 3番目に春塘 向井潤吉名刺


  時代は 移って、

平成12年(2000年)春 湯河原に この絵がやって来た。
    町立湯河原美術館の前進 湯河原ゆかりの美術館へ

    パンフレットの表紙に この「春塘」の絵が使われたのである。

             向井潤吉展 湯河原ゆかりの美術館
   
     開催が 4月6日より 5月29日迄なので、この絵が選ばれたのかもしれない。
  しかし、「目録」の 
   35番 「春塘」と 並ぶ 34番に「早春の水路」という絵がある。

   春塘 行動美術展絵葉書
       「春塘」(川越市郊外)

     早春の水路 新河岸川昭和57年1982 
       「早春の水路」(川越市下新河岸)
  
  私は 次に この下の絵が、橋本家の本宅、つまり 養老橋を渡っての左側を
     養老橋から 左側を見て 描いたのではないかと思った。
     木々の合間に 白壁が見えるが、橋本家の本母家に続く 土蔵のように思えたからである。


                                             橋本家土蔵
                                           母家に続いていた 白壁の土蔵
 




スポンサーサイト
2017.05.08


チケット

きのうの展覧会では 下の二つに 多くの観客が集中してみていました!
   「読売新聞」の 掲載記事です。

五虎退  泥足毘沙門天


»Read more...

2017.01.18


きょうは
  お兄ちゃんが展示説明に参加して 開催されている

    展覧会「戦国時代展」を観ることにした。

チケット

この美術館の お隣の地は、
  伊豆の世界遺産、韮山反射炉をつくった
  江川太郎左衛門の江戸屋敷跡で、 彼はここで死亡した。
  その地に行ってみて、写真を撮りたいと思った。

 江川江戸屋敷1
 
 オジサンが 看板を熱心に読んでいました。   

      DSC09209小
       
    ( 伊能忠敬は 自分が書いた測量日記には、誤って 江太郎左衛門と記していますが・・  )

  そして 向かいの工事中であった 新しい 「すみだ北斎美術館」にも、足を運んだ。

北斎美術館

 北斎の老後の絵描きと生活は
   むすめが 世話をして、(北斎が死んだときには、大八車に乗せて菩提寺まで運んだという所を案内したことがあるが)
   その様子が 人形によって復元されていた。
   ふと、「江戸時代の偉人には、女性の力があったこと」を連想して・・・ 
   滝沢馬琴の長男の嫁のお墓参りがしたくて    

 さらに 地下鉄を乗り継いで、
   茗荷谷駅に用事があったので、そこへ行って ついでだからと
  
   ①縛られ地蔵に 願掛けの縄を巻く
   ②滝沢馬琴のお墓、息子の嫁のお墓に お参りしてきた。

一年一回の ひさしぶりの東京博物館・美術館巡りであった。 
    湯河原は 東京が遠く  8時に家を出て17時帰宅電車乗車時間述べ5時間ということであった。

     



2017.01.16

 昨日 帰った お兄ちゃんが

  「江戸東京博物館の 戦国時代展へ 行ってないの?」と 
 いうので・・・

  「うん まだ行っていないね いつまで? 一月いっぱいだっけ?」
  「毎年一回 両国へ出かけているんだけど・・・ お昼は 天丼と決めているのだけど・・・

 答えました。


確かに 行っていなかった。

   戦国時代展CM

     チケット


「入場券は いくらだ?」 とか 聞いたりしていたら、

  「音声ガイドのしゃべる原稿を作ったんだけど 大変だったよ。」というのには 驚いた。

  音声ガイド とは  
  あの、展覧会では必ずつきものになっている ヘッドホーン姿のあれだ!
  そんなものを 作るのは 大変だからねえ それで忙しかったんだあ・・

  お兄ちゃん がんばったんだなあと 感心しました。


 さっき 公式ホームページを開いてみたら・・・これだね  

     音声ガイドPR

  なるほど 「戦国無双」のコーエーと この展覧会はコラボしているんだ。

     そこで そんな仕事が 廻ってきたのかあ、さすがだね、お兄ちゃん。




  そういえば、夏に行った沼田市、上田市で のぼり旗やポスターを見た

    この 「戦国無双 ~真田丸~」も作っているのだから 当たり前だね。   





     戦国無双 真田丸










2017.01.04

これまで セブンイレブンで 行っていたキャンペーンが終わりになり
  クジで もらったけれども 応募できなかったカードも捨てて・・・
  それでも期間中に コーヒー缶など、いくつかもらえました。
  いつだったか ひいたクジが、 髪をハードに固める整髪料だったので、店員さんと 大笑い!
    その当たり券は戻して、もう一度ひいて ジュースペットボトルになりました。
 
     980x326.jpg

  そのキャンペーンの主役 「乃木坂46」の 写真を見ていて、
  「よし、久しぶりに行ってみよう乃木坂へ」 ということで、

雨の 乃木坂へ きょう 出かけました。 前に行ったときは 車で、
  六本木交差点から行って、向きを変えようと、右へ曲がったら そのまま、弧を描いて 下へ降りて行ってしまって
  Uターンするのが大変だった思い出がありますね。

電車で、出かけました。
  地下鉄日比谷線で 六本木ヒルズの前に降りて 地下道で ミッド・タウンへ。
  目的の一つ 
  サントリー美術館

サントリー美術館まえ

  2800円の分厚い 展覧会の図録を また 買ってしまって・・・・
  でも、初公開の浮世絵もあって よかった。 広重・北斎らを中心とするもので、
  まあ 先月の 国芳・国貞の展覧会より数段よかった。展示方法も よくて。
     東急文化村の意欲の空回りは 反省して欲しいなと思いました。  さすが サントリー美術館さん。
 
  電車代・入館料・図録など 大変な出費だけれども、 もう一つ発見がありました。(次号で)

美術館から 乃木坂駅まで歩き 千代田線で、表参道へ。 雨の中 「フライング タイガー コペンハーゲン」へ。
  まごむすめ達への お土産を買ってから
  平日にもかかわらず 混雑する 表参道駅内を通り 
  一気に
  銀座線で 三越前に・・・・・・・・・・・・・




2016.06.08
 | HOME |  NEXT PAGE »