今朝 篠崎さんからの電話で、
  ことしの 宿泊の研修旅行は
  海住山寺など  翌日は 浄瑠璃寺・岩船寺・円成寺をというお話しでした。

 昨日あたりから 円成寺のTVCMが始まりましたしね。

  円成寺なら



スポンサーサイト
2018.04.10

戸田市のみなさんを迎えての
  大磯のドンド焼き= 左義長です。

先ずは ダンゴさお 作りです。 購入700円

DSC08837.jpg

 針金に通して 棹の先端の穴に 針金を通して完成!
 
   ダンゴ
  

 子供たちが 詰める小屋= お仮屋の一つを訪問見学。

おかりや

 訪問の最後の神社境内へ。 記念写真です。
   右端の篠崎会長が 持つのが 餅の付いた棹です。

全体写真

 海岸へ移動します。 18:30点火。
   手前から伸びているサオの先、白のネックレスのような お餅。

     ダンゴさいと

  火は 一気に 燃えさかります。
    人々が 持っているサオを 火にかざします。

ほのお3

  私も一番前に出てかざすのですが・・・・・ この炎で 熱い!

    ほのお1

  19時 下火になった炎を見て、 海岸から引き上げて 
  大磯駅への坂道を登ります・・・・・・・  東海道線19:30発の電車で帰る
   みなさんを見送りました。

  遠路はるばる みなさん お疲れ様でした。


2018.01.13

  きょうは 寒い大磯の町へ
  午後から 戸田市文化財研究会のみなさんを ご案内して
  「左義長」を 見に出かけます。

  こんな風に こんな地図コースで 廻ってきます。
   下の写真は 大磯町の広報です。

  広報おおいそ表紙

レジメ1
レジメ2
 
 ※ 図の上にマウスのカーソルをおいて クリックして下さい。拡大されて読めます

  以下 全10ページの資料を作り終えました。
2018.01.13

 急に お昼から 大磯町に出かけました。
 来週の 戸田市文化財研究会の皆さんを 大磯の伝統行事「左義長・さぎちょう」に
 ご案内するための 資料パンフレットを
 もらうために、駅前の観光案内所に行ってくるのが目的です。

何度も 出かけている大磯町は、改めで出かけることも ないのですが、
 インターネットから ダウンロードでもらう パンフは紙の質が良くないので、
 正式のパンフを もらいに行きました。あとは、
 私の資料と合わせて準備をするだけです。
 
今年は 驚くことに 下のような 英文ガイドツアーのパンフが 出来ていたので
     参考までにもらってきました。

omote_20180107171535314.jpg ura_2018010717161030d.jpg

 例年通り 大磯町の広報の表紙と 
   中のページ 左義長についての解説ページを複写しました。

 ※どれも 写真上で、マウスのカーソルをおいて クリックすると拡大されて読みやすくなります。
  お試し下さい。


広報おおいそ表紙

広報内部2広報内部1

 どの町も このような伝統行事が継続催行出来ないようで
                  苦労されていることが分かりますから、
 町の広報担当者が書くのではなく、
                  保存会会長さんの生の声が載っているのが良いですね。


 
  そして、きょうの目的の二つ目は、
  当日、みなさんに遅い お昼を食べてもらうよう手配することでした。

  小さな町の 小さな食事場所しかない所での お祭り当日の直前に食べようという目論見で、
  昨年も 無理だとあきらめていたのですが、
  念のためにと、
   いつも 大磯町散歩の帰りに寄る下のお店に、 
   直接交渉でお願いして予約してきました。
   予約 ごご 3時です。

讃岐うどん讃州讃州
 
  吉田さん ありがとうございます。 当日よろしくお願いします。
  前日には 確定人数と みなさん同じ品目になるよう 報告電話をいたします。


2018.01.07


大磯の火祭りは
  「大磯 左義長(さぎちょう)」と 島崎藤村が名付けたというのですが
   わたしは  ?  です。

大磯左義長1
大磯左義長2
  ※画像の上にマウスカーソルをおいて クリックして下さい。拡大して読めます。

  昨年 計画していたんだけど
  「大寒波襲来!」 の 天気予報で 中止したので
  
今日は 再チャレンジというタイトルで 
   参加案内を 作りました。

   明日 ポストin です。






2017.12.17
 | HOME |  NEXT PAGE »