前に行った オランダのチューリップの花園にあった
            ミッフィーの家

   ミッフィー家1


 涙を流す「ミッフィー」が... 
                               生みの親 ブルーナ氏死去


ウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親の絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナ氏が2017年2月16日(現地時間)、故郷であるオランダのユトレヒトで亡くなった。ミッフィーのオフィシャルサイトが17日、発表した。89歳だった。

 ブルーナ氏は1927年生まれで、デザイナーとして活躍した後、53年に絵本作家としてデビュー。60年のキャリアの中で、124冊の絵本を手掛けた。55年に発表したミッフィー(原題ナインチェ・プラウス)シリーズは、現在では50か国語以上に翻訳され、世界中で8500万部以上発行されている。2015年にはミッフィー誕生60周年が記念され、展覧会も開かれた。
独特のシンプルな線と色で描かれたキャラクターは、国や世代を超えて愛され、生前、ブルーナさんはそのシンプルさについて、「多くの余白を子どもたちの想像力のために残しておいた」と語っていた。

                    20150516235109.jpg

■「今もミッフィーを愛しています」

 ミッフィーは、日本では1964年に「ちいさなうさこちゃん」として翻訳、出版され、子供たちから人気を集め、これまでに5000万部以上が発行された。 日本との関わりも深く、東日本大震災の際には、励ましのメッセージを添え、大粒の涙を両目から流すミッフィーのイラストを日本に送っていた。
                          OSK201103260152.jpg



 ブルーナ氏の公式サイト、フェイスブック、ツイッターなどは2月18日昼現在、涙を流すミッフィーの画像がトップになっている。 英語版公式フェイスブックページの死去の報告は、1000件以上シェアされている。世代を超えて愛されるミッフィーへの感謝と、悲しみのコメントが、
  「ミッフィーを連れてきてくれてありがとう。彼の魂が安らかに眠れますように」
  「何年もミッフィーのことを愛しているし、今では私の子供たちもミッフィーのファン。とても影響力のある画家でした」
  「私が生まれた時、初めて母からもらったものがミッフィーだった。ベッドの中にも連れて行って、朝起きると最初に目にするのがミッフィーでした。今もミッフィーを愛しています」
                などと寄せられている。


 ▼  きょう貰ってきた 景品募集の サンスター歯磨きG・U・Mの 応募葉書です。

   ミイフイー


 ▼  旅行先 アムステルダムの デルフト焼き工房で、お土産捜しの妻  

   ミフィー1

 ▼  我が家に いま、飾ってある デルフト焼きのミッフィー タイル

       mifi-2.jpg

 

  私や子供たちの成長と共に 目にしてきた ちょっとさびしい表情の ウサギさんでした。

スポンサーサイト
2017.02.19




今週も 出かけたらしい、
           孫たちのスキー練習
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ かまくら
o0480064013872700657.jpg

■ スキー教室に入ると ぐんぐん 上達するするんだよね。

o0480064013872700645.jpg o0480064013872700671.jpg

   あいちゃんも ゆうちゃんも 楽しく滑れるようになりましたね。


2017.02.19


 補修に行ってきました。五所神社へ。
 これで 3箇所とも終了です。

  ① 五所神社の「くすの木パワーの窓」に 注意呼びかけシールを貼り付ける。

注意 五所神社


  ② パワースポット写真を SNSに あげて欲しい説明板の 追加貼り付け。 英語板を。

     五所神社説明板追加

  ③ うーん カメラ自撮り棒を用意してこなかったなあ。 腕だけでは この程度か。

  五所神社完成

  ④ これで 3箇所の補修修理 完成です。
      5日前の 「幕岩」 パワースポットの窓への 看板立て、シール貼り。
      5日前の 「くすの木」 パワースポットの窓への 看板立ての依頼。
      4日前の 「柏槙」 パワースポットの窓への 看板取り付け。
       昨日の 「柏槙」 パワースポットの窓への 看板 英語版を追加。
       昨日の 「幕岩」 パワースポットの窓  前の売店ご主人へ 記念品を
             もらう説明紙の配布 15枚を持参。
       きょうの 「くすの木」 パワースポットの窓への 看板に 英語版を貼り付け、
             注意シール貼り付け完了   

  五所神社 完成


これで SNSアップの人が 増えて ストラップが、早くなくなるように・・・
   多くの人が 湯河原へ 足を運んでくれるように 願うばかりです。

   きょうは 春一番の荒れ吹いた昨日とは違って 少し寒いけど おだやかな天気で
   五所神社にも 多くの参拝者が ここで写真を撮っていました。











2017.02.18


  湯河原「梅の宴」 
  トリプルパワースポット「幕石」が 撮影の窓の中に写る位置から
    土肥会の 池田事務局長に 撮影してもらいました。
  
   春一番の暴風雨に 負けるものかと踏ん張ってみた。でも 強風に 垂れが巻き上がる。
   この強風で 吹き倒されて この近くを歩いていた ご婦人が 救急車で搬送されました。
    

      5X7Y1766.jpg

   このあと、会場を 椿ホールに移して 「全国梅サミット」の お客様を迎えた。
   ほかのことをやっていて 「お客様の到着!」の声に 
   あわててカブトをかぶったから 
   私だけ あご紐を 結んでいない。 大失態。

    5X7Y1878.jpg

   これじゃあ まるで 源平「富士川の合戦」で 

      明け方に 一斉に飛び立った水鳥の羽音を 「敵の夜襲だあ!」だと
   あわてて カブトをかぶった平家の武将と同じじゃ無いか。

 一番後れをとって かぶろうとした自分のカブトが 見つからなくて
   湯沸かし(ヤカン)の中の水を捨て、逆さまに頭にかぶり、ヤカンの持ち手をアゴに掛けた平家の武将、
   これで安心と、馬に乗ろうとしたところに、源氏の放った 矢が飛んできて・・・・・「 カーン 」・・・・
   矢が カーンと当たったので、それ以来 湯沸かしを「ヤ カーン」と呼ぶようになったという 

      私が 大好きなあの話 そっくりだたね。




 

2017.02.17


ょうは・・・・・
午後1時過ぎ、 そして午後2時過ぎ、 さらに  4時過ぎ(下の写真)と
  湯河原は 春一番のお天気で、 強風に、雨もふりだして
  大変な天気になりました。

  春一番
  午後4時過ぎの 雨雲で 真っ暗の湯河原

 幕山の「梅の宴」会場で開催される予定でした 「第22回 全国梅サミット」も 
 会場を移して開催されることになり、
 全国からお出で頂いた 市長・町長さんたちにもご迷惑を掛けました。

↓あわてて 移動した会場でのお迎えの観光ボランティアの皆さん
   お迎え

↓外は ミゾレのまじる 強雨風。 
   「お客様は 無事に ご到着か?」 「大丈夫か?」と心配顔でお迎えの土肥会の皆さん

   心配

また、
     記念行事も中止、 記念「狂言」は明日へ延期ということで、
     観梅に来られた観光の皆さんにもご迷惑をおかけしました。

                IMG_2021.jpg
    スリッパを履いた 鎌倉武将・・・ ちょっと変だよね。
   でも 秋間梅林で有名な 安中市の茂木英子市長さんや
   月ヶ瀬梅林のある 奈良市の仲川げん市長さんたちは
   「可愛い」「かっこいい」と 記念写真を撮ってくれましたよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■バタバタしていて 戸田から写真を撮りにいらっしゃってくれた 篠崎さんには お会いも出来ずに失礼しました。
    遠路 お出で頂いたのに・・・・・ 改めて お詫びします。
    ありがとうございました。


2017.02.17
 | HOME |  NEXT PAGE »